一般社団法人AMH普及協会
あなたにお話ししたいAMH検査のこと

AMHとは

卵子のお話し

AMH(アンチ・ミューラリアン・ホルモン)とは、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンのこと。卵巣予備能(※)の目安となる評価指標とされ、近年注目されています。
(※卵巣予備能とは、卵巣の中に残っている卵子の目安のことです)
AMH検査は血液検査なのでお時間もかかりません。

AMH検査は全国のほとんどの不妊専門クリニックで受けられます。
あらかじめ病院・クリニックに検査可能かどうか確認する事をお勧めします。
検査費用は保険適用なしで、病院・クリニックによって違いがありますが、おおよそ5,000円~1万円ほどになります。

AMHの詳細はこちら


AMHセミナーについて

AMHセミナーについて

まずは検査を通して、あなたのAMH・卵巣予備能を知ってほしいのです。
いくら女性が若くても、卵巣の卵子がなくなっていることがあります。
とうぜん卵子がなくなれば妊娠はできません。
まずAMHを測り、正しい「卵巣予備能」をチェック。
「わたしのAMHは、いくつあるから大丈夫」というように、現実的な妊娠設計を。

AMHセミナーの情報はこちら       AMHセミナー内容・風景等の紹介


協会推奨書籍

推奨書籍

当協会推奨の書籍をご案内しております。

協会推奨書籍の詳細はこちら


卵子のお話

卵子のお話し

卵子を育てる袋(卵胞)には、もととなる原始卵胞というものがあります。
女性は、生まれる時にはこの原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えていますが月経のはじまる思春期頃には、約20~30万個まで減少します。
その後も一回の月経の周期に約1000個が減少しており、1日にすると30~40個が減り続けているとされています。

卵子のお話の詳細はこちら


不妊症について

不妊症について

10組の夫婦のうち、1組は不妊症として悩んでおり、不妊症は決してめずらしい事ではなく、もっと身近に迫った問題となっております。
不妊症と定義されている内容は、結婚した夫婦が赤ちゃんを欲しいと思い、避妊を行わず一般的な夫婦生活を行っているにもかかわらず、2年以上赤ちゃんを授かる事ができない状態、とされています。

不妊症についての詳細はこちら


不妊症セルフチェック

不妊症セルフチェック

セルフチェックで自分の体を知ろう
不妊かどうか。。。それは簡単にハッキリとした答えが出せるものではありません。
その答えは、婦人科や不妊治療専門クリニックを訪れ、検査をし、治療を進めてみて初めて、いろんな原因とともにわかってくるものです。

不妊症セルフチェックの女性編はこちら        不妊症セルフチェックの男性編はこちら